誰もが順調に人生を歩んでいける訳ではありません。残念なことに受験に失敗して浪人したり、病気やケガをしたりで留年を余儀なくされたり、景気の悪い煽りを受けて就職浪人してしまう人も、世の中には多くいます。そっぽい人たちは、やっぱり就職活動では不利なのでしょうか?残念ながら、不利であるケースも散見されるのは事実なのです。特に、景気が悪くて就業率が低下している時期には、企業は少数精鋭を目指します。その際には、やっぱり学歴が重要視される傾向が高くなります。日頃は地元の高校からたくさんの新卒を採用していてているような企業でも、有名大学から大量に人材が流れてくる状態では、どうしてもそちらに流れる傾向も出てきてしまうはずです。ですが、そんな企業ばかりではありません。少数精鋭で頑張らなければならない時こそ、確実に企業の利益となる人材確保が重要になりますよ。その時には、浪人期間中のアルバイト経験や挫折から立ち直った精神力、努力などが大きく評価されることも多いと思います。例えば、即戦力となる技術力がない新卒より、いろいろな経験を持ち、即戦力として使用できる転職組や技術をまなんできた専門学校生の方が重宝される場合があります。時代や企業の経営状態はどうにもできませんが、浪人や留年が必ずしも評価を下げるとは限らないのですから、それ程気にする必要はないはずです。ただ、出来ることなら、浪人、留年、就職浪人した分、何か新卒の人よりもアピールできるようなセールスポイントがほしいところですー