脱毛エステを比較しなくてもいいように、女性が下りればいいのに

難病の医療費助成の見直しを検討している厚生労働省の最終案では、重症者は最大で月2万円、重症以外の患者も最大で月3万円と3分の2程度に引き下げることになったそうです。継続して医療費がかかる患者や、特に重い患者は、さらに負担を軽減する仕組みを設けるとか。これまでの案に異論が出たため、負担増を縮小したのだそうです。
10月に示した当初案の自己負担上限は月3千~4万4400円で、患者団体や与党から「負担が重い」と批判が出ていたそうです。13日の厚労省難病対策委員会で決めて、法案を提出して、2015年1月から実施される予定の様ですよ!
新制度では、助成対象の病気を現在の56から約300に拡大するそうです。最終案では、新たに対象となる重症者は、障害者を対象にした医療の支援制度と同程度の自己負担とするんだとか。外来と入院を合わせて、年収に応じた月2500~2万円の5区分を上限額とするそうです。

これで、救われる人もたくさんいるでしょうね。あぁ、税金をたくさんとるんだから、こういうところを手厚くするのは当たり前よね。

それにしても私のムダ毛。結構こいのよ!これ、難病指定してくれたらなぁ。。。まぁ、無理でしょうけれど、金額のために脱毛エステを比較するのは、もうしんどいなぁ。